久々の投稿になります。

会員制整体院ひなた 院長 兼瀬です。

 

今回は『変形性ひざ関節症』の症状改善事例です。

お客様の年齢は40代。

『病院に行っても水が溜まっているから抜きましょう』

『手術をお勧めします』

と言われたが、今回の左の膝をこじらせる以前に右の膝の変形性膝関節症で手術をした経験を持つお客様でした。

手術をしたものの痛みが残っているとのことで、今回の左ひざは手術を極力したくないとのことでした。

 

 

そこで・・・

まずは検査です。

膝をどの方向に動かしたら痛いのかをまずはチェックします。

 

今回は、『曲げる時』『外側に力を加えた時』の2パターンでした。

ではその原因を探ります。

 

様々な問診とチェックの結果、今回の症状の原因は膝小僧が上に上がりすぎて引っかかっている事。

膝関節の内側と左側の関節のそれぞれの間隔のバランスがあっていない事。

の2点でした。

 

そこでまずは前者の原因の改善に挑みます。

 

膝小僧が上がってしまっていることの原因の多くは大腿直筋に隣接する筋肉の硬さからくるもので今回は大腿直筋に着目しました。

次に後者の原因の改善ですが、

これは、ミリ単位の感覚の世界。

指の感覚を頼りに内側と外側のバランスを取ります。

 

結果的に歩くときに引きずっていた脚ですが、来られた時よりもすたすたと歩けるようになり、お喜びの声をいただきました!

 

会員制整体院ひなたでは独自の問診・検査・施術でお悩みの症状に全力で対応します!